be動詞だけじゃない!主語と補語をつなぐ第2文型動詞を知っておこう!

主語+動詞+補語( S+V+C )の文型で使われる動詞を第2文型動詞と言います。自動詞なんですけど、それだけでは文章が終わることができないため不完全自動詞(第2文型動詞)と呼ばれています。

上記のように、主語=補語(S=C)の関係が成り立ちます。一番代表的なのはbe動詞です。

S=Cでなければならないという制限があるので、第2文型を作る動詞はそんなに多くありません。以下に代表的なものをリストアップしました。ぜひ覚えておきましょう。

 

第2文型動詞

状態を示す

look ~に見える

She looks happy.

appear 〜みたいだ

She appears well today.
(彼女は今日は元気そうだ。)

seem ~のようだ

He seems angry.
(彼は怒ってそうに見える。)

keep ~のままである

She kept silent.
(彼女はずっと黙っていた。)

remain ~のままである

The shop remains open.
(店は開いている。)

変化を示す

become ~になる

He became sick.
(彼は病気になった。)

get ~になる

Yuko got drunk.
(ユウコは酔っ払った。)

turn ~になる

The leaves turned red.
(木の葉が赤色になる)

grow ~になる

The tree grew bigger.
(その木は大きくなった。)

make ~になる

She made merry.
(彼女は陽気にふるまった。)

come ~になる

The dream came true.
(夢が実現した。)

go ~となる

The vegetable went bad.
(その野菜は腐った。)

fall ~になる

She fell asleep.
(彼女は眠ってしまった。 )

感覚を示す

feel ~の感じがする

I feel cold.
(寒く感じる。)

sound ~に聞こえる

Your story sounds strange.
(あなたの話は変に聞こえる。)

smell ~のにおいがする

This coffee smells savory.
(このコーヒーは香ばしいにおいがする。)

taste ~の味がする

This fruit tastes sweet.
(この果物は甘い味がする。)

※ちなみ感覚を示す第2文型動詞に+like<をつけると名詞を後に取ることができます。

He looks like a movie star.
(彼は映画スターのようだ。)

That sounds like a good idea.
(それはいいアイデアのようだ。)

This feels like real fur.
(これは本物の毛皮のように感じる。)

 

さいごに

第2文型動詞はカナダでよく使われていましたね¥。試験でもよく出ますので、ぜひしっかり覚えておきましょう!

book-image
 

TOEIC文法に特化した教材がここに!

3時間レッスンを驚き価格でご提供!

有名先生のリアル授業をDVDでお届け!

3時間の40レッスンのDVD教材がたったの1,800円!(税抜き)

購入はこちら! 購入はこちら!

この記事を書いた人

桃太郎

桃太郎

このサイトの管理人であり、モモセ先生のDVDで英文法を勉強中の桃太郎です。過去カナダに2年間在住していたことがありますが、『文法なんて別にどうでもいいでしょ!』と英文法を完全になめきっていました......このブログでは英文法をいま一度学び直している僕が、気づいたことや大事だと思ったことなどをみなさんにシェアしていきます。

桃太郎が書いた記事一覧はこちら

Facebookコメント